title






トヨダ自動車は6月15日~17日の三日間東京のビックサイトで開催されていたスマートコミュニティーJapan2016ブースで、今年の秋から売り出す予定の新型プリウスPHVの日本仕様車両を初公開した。


purius1

個人的には普通のプリウスより外形がより整っていていい感じに仕上がったと思う。



purius2

3世代モデルと違って、全然違うスタイルのデザインのリアハッチを採用している。



purius3
purius4

インテリアで一番の違いは縦型11.6インチディスプレイと言える。
ギアノブスタイルはプリウスと同じエレクトロシフトマチックを採用、個人的にはデザインが少し残念。
縦型ディスプレイを採用したのは、スマートフォンユーザたちを考慮したため。
PHVモデルなのに、後部座席空間には相当余裕がある。真ん中には固定式アームレストがある。


purius5

今回展示されたのは右ハンドルのもので、日本とヨーロッパモデルだけのループ太陽光充電システムのほか、日本仕様にだけ使用される急速充電システムも装着された。
家庭電源での充電はもちろん、急速充電にも対応しているのだが、急速充電時は20分でバッテリー容量の80%まで充電できるという。
このモデルの生産台数は年間5万~6万規模に設定されている。



★以下のようなコメントが寄せられていました。


・普通のプリウスもこのデザインだったらいいのに。

・↑確かに、プロントデザインはこっちの方がいいね。

・このデザインだったら、買うのをためらう。実際プリウスの性能には疑う余地なしだけど、デザインがちょっと。

・日本の物は買わない。

・日本車はヨーロッパの車と肩を並べている。結果が証明する。

・さすが、ガンダムの国。

・物は物以外のないものでもない。感情移入せず、他人に強要するな。

・20年の技術力VS7年の技術力。比較対象になる自体がすごいこと。13年後はトヨタに負けてないと思う。

・車はすごくいい。燃費も。だだ後部のデザインが。

・これ買うよ。

・本当にいろいろやるね。買わないわけにもいかないし。

・直接見たけど、本当に環境にやさしい車のようだった。

・太陽光か。効率はどうなんだろう?

・技術力とかなんとかより、かっこよくないと、何これ。これに乗る人の顔が見てみたい。

・安っぽい。

・奇形車に見える。

・これは可愛いかも。

・とうとう、デザイナーが覚醒した様子。

・レクサスに似ている。


http://post.naver.com/