title






夫の仕事で築40年の日本のアパートに引っ越した韓国人女性の体験談です。



apart1

運よく家賃の安い社宅に入ることが決まったのだけど、夫が見せてくれた築40年の狭い家の写真をみて眠れませんでした。でも行ってみたら写真で見たより広くて安心しました。



apart2

お風呂とトイレは別々で、お風呂の床はコンクリートでした。



apart3

すべての部屋に電球がありませんでした。幸い浴室、玄関、キッチンの電球はそのままでした。日本では引越す時に持って行くんだそうです。



apart4

朝起きてみると採光はよさそうでした。遠くに見える富士山も、家のすぐ前の公園もとても気に入りました。



apart5

まずは電球を買いに近くのディスカウントショップに行きました。リモコン付の同じものを部屋数分買いました。リモコンひとつですべての部屋の明かりを調節できるなんて韓国で考えたこともなかったことなので、おもしろいなあと思いました。



apart7

後で気づいたのですが、壁に明かりのスイッチが見当たりませんでした。リモコンなしを買ってたらきっと大変だったでしょう。




apart8

それにしても築40年の家がこんなに綺麗だとは。新婚の時、築20年のアパートに住んでたから、古い家に対する偏見をもっていましたが、そのときの家よりも綺麗なのでびっくりしました。備品や造りは気に入らなかったけど、隅々まで綺麗なのでほっとしました。



apart9

キッチンも本当に綺麗でしたよ。



apart10

リビングルーム隣の部屋。畳は新しくなってたけど、その下にほこりが溜まっているのか入るとくしゃみが止まりませんでした。

各部屋に大きい押入れがありましたが、なぜか上下二つに分かれていて、使いにくそうだなって思いました。




apart11

問題なさそうだった寝室の天井に丸く突き出た部分が。先月の大雨で雨水が入ってきたみたいです。

管理事務所の方が来て応急処置をしてくれました。直すには時間がかかると言ってました。



apart13

キッチンには何もありませんでした。ガスコンロ、ホース、湯沸し機まで。すべて自分で買って設置しました。



apart15

湯沸し機が結構高かったです。2年だけだから、買わなくてもいいかもと迷いました。
ワンタッチで冷水、温水を切り替えられるのが高級品って感じです。



apart16

換気扇や洗濯機のホースまですべて買いました。



★以下のようなコメントが寄せられていました。



・長崎の公共住宅に住んでるけど、数年しか何年しか住まないから、ほとんど物を置かずにそのまま住んでるよ。

・日本の部屋は一般的にトイレと浴室は分かれてる。洗面台も。


・畳の下のほこりと、天井から雨漏りはけっこう大変だね。

・新しいマンションじゃないと、大体そんな造りだよ。

・日本では電球はもともと入居者がつけることになってる。

・築40年だなんて信じられない。韓国ではそんなにもたないよ。

・生の日本文化を知ることができた。ありがとう。

・日本ではトイレと浴室が分かれてるのがいい家なんだよ。

・日本の家と生活に関心がある主婦だけど、いろいろ大変なんだね。

・4年前留学した時、電球がなくて慌てたわ。

・大阪に留学中で、築30年のマンションに住んでいる。今は慣れたから大丈夫だけど、最初は苦労したよ。畳がやっかいで。長所もあるけどね。ただ夏が心配だ。

・私も東京に住んでる。うちと同じ造りだわ。2年ぐらい暮らすだけなら、新品じゃなくてリサイクルショップで買ってもいいし、物々交換で手に入れるのもいいよ。

・東京のお台場に住んでいる。日本の家もリビングルームがある場合が多いよ。リビングルームとダイニングルームは分けて表示してある。引越した家がリビングのないDK構造みたいだね。LDKはリビングがある家だよ。

・日本に住んでるけど、電球はひどいな。2回引っ越したけど、そんなことなかったけど。

・韓国では部屋を出るときに清掃するという習慣がないもんね。

・日本の生活を思い出した。


・私も8年前に日本の建設会社の社宅に住んでた。とても古い建物で、浴槽は正方形の一人用、ガスで水を温めるやつだった。いろいろ興味深かった。

・とても新鮮な入居生活だね。

・私は畳の臭いがどうしてもためで、社宅には住めなかった。日本生活を楽しんでね。



http://m.post.naver.com/