title






日本の小学校に子どもを通わせた韓国人女性の体験談が紹介されていました。



randoseru1

日本の小学生は登下校時、決まってブリムの丸い帽子をかぶり、ランドセルという膨らんだ形をした皮のかばんを背負う。




randoseru2

小学生は普通黄色い帽子に、黄色いかばんカバーを使うが、これらは道を歩いている時、運伝する人から見えやすくし、事故を予防するためだ。



randoseru3

日本の小学校は制服がない代わりにカバンが決められていると思っていたが、公立学校はそうでもないらしいことがわかった。

自分の好きなもので構わないけど、みんなランドセルにするから、当然のように入学前にランドセルを買うそうだ。



randoseru5

しかし、価格を聞いてびっくりした。革製だから安いものでも3万円以上で、少し有名なブランドだと5万円を軽く超える。

価格差があるからよく売れるのは安いほうだろうと思うかも知れないが、今年日本の大型オンラインショッピングモール楽天のランドセル販売ランキングを見ると1位から10位までの中で6つが5万円以上だ。

子どものかばんが50万ウォンとは、節約上手なイメージの日本人も子どもにはお金を惜しまないらしい。




randoseru8

ランドセルが流行り始めたのは庶民たちに経済的余裕ができた1950年代高度成長期だそうだ。

最近、経済的余裕のある祖父母は、孫に人生に一つしかないかばんをプレゼントするのには、価格など気にしないという。だから、毎年日本では百万ウォンを超える高価ランドセルがニュースになったりする。



randoseru10

でも、ランドセルはだだの贅沢品ではない。日本でも重い革製かばんを背負わせることには賛否両論があるが、6年間ほぼ毎日使っても丈夫な質のよいかばんを買うべきだということにはみんな賛成のようだ。

日本の公立学校にはロッカーがなく、教科書、筆記ノート、連絡ノートなど重いものを毎日持ち運ばないといけない。



randoseru12

毎日使う教科書や体操服が消えるといういじめ問題に発展する可能性があるためだ。なので日本の子どもたちには荷物がたくさん入っても形が崩れず破れない丈夫なランドセルが必要だ。

私の知っているあるお母さんは家の子がランドセルが嫌いなので布でできたかばんを買ってあげたら、すぐ破れたり、古くなったりして、いくつも買い換えたのでむしろランドセル一つを6年間使うほうが経済的だと言っていた。



randoseru14

最近日本のランドセルは海外でファッションとして紹介されたり、中国の祖父母の中では孫、孫娘へのプレゼントとして人気だそうだ。

でも海外の人たちはランドセルが必要な理由や高い理由を知っていて、買っているのだろうか。



randoseru17

子どもの背が伸びないという理由から、がばんを背負わせずにキャスターつきの旅行かばんを買ってあげたりするお母さんたちが、1キロを越えるランドセルにこだわる理由はいったいなんだろう?
世の中には不思議なことが多いなあ。




★以下のようなコメントが寄せられていました。


・ランドセルは地震時に頭を保護したり、津波のような非常事態では浮き輪代わりに使える。私の娘が小学校に通ってるから知ってる。

・↑こういう理由を説明してくれないとね。全部読んでも意味がわからなかった。

・日本には日本なりのやり方があるから韓国が真似る必要はないよ。

・最近は頑丈で安いかばんが多いからランドセルでなくてもいいけどね。必要な教科書だけ運べれば十分だって。

・日本はロッカーを設置したほうがいいのでは。

・身長には影響しないけど、肩こりは無視できない問題だよ。私は高校の時のかばんの重さで肩を負傷して今も苦労してる。脊髄とか肩に負担がかかるから。

・日本は集団意識が強いよね。社会的弱者である女性や子供に決まりを押し付けすぎ。

・↑新社会人が皆同じ服を着るのと同じことでしょ。悪いことではないと思うけど。

・日本特有の文化だから真似る必要はないよ。私は軽くて丈夫な布製のかばんを3年ずつ使わせた。6年間で2つで済んだよ。6年使ったら痛みがひどいんじゃないのかな。

・↑ランドセルにはカバーがあるから、子どもがそれでオシャレしたりしてる。そして思ったより痛まないように丈夫に作られている。6年保障つきだから問題ない。日本文化に適したかばんかも

・後ろに倒れた時に保護するためとも聞いたな。この値段で6年なら割安だけど、6年間使い続ける韓国の親も子どもも居ないから贅沢品になってしまう。

・黄色い帽子に黄色いかばんカバーというのは子どもたちの安全のためにある。韓国で明るい色の服を着せるのと同じ。ランドセルは日本文化ってだけ。好きなかばんを選べばいいでしょ。

・小学校に入学するときに伯母がかばんをプレゼントすると勉強ができると言われてる。日本では祖父母がプレゼントするんだね。似ているけど違う。

・だから日本人は背が低いか

・↑日本人が背が低いというのは昔の話、今は180センチを越える人も多いよ。

・地震対策としてランドセルをあげてるが、布のかばんに本が入ってても使えるでしょ。津波は論外だって。

・韓国の子どもは4年生くらいになるとランドセルを背負いたがらない。だから韓国の小学生たちは3年しか使わない。

・今日ランドセルがかわいいから買ってあげると言ったら、8歳なのに自分の好みに合わないと言ってた。

・私は自分の価値観に合うから購入したよ。うちの子もすごく喜んでた、すごく便利だって。私は何にしても良いものを買って長く使う古風な人間だから。韓国製品は15万ウォン出しても2年も持たないよ。

・お金持ちの振りをしたいから使っているだけ。

・ランドセルを持ってないだけでいじめられる子も居るとか。良いことばかりじゃないみたい。

・うちの子のはピューマだった。人工革製のもので、頑丈で、肩にクッションも当てられていた。童話の本も入らないから韓国には向かないかも。

・1キロ超えるというのは牛皮で作った一部だけで、最近は企業間競争で軽い人工革製のものが多いみたい。




http://naver.com/